築地から豊洲へ。信頼と実績の東都水産です。

環境(Environment)

当社グループでは、水産資源の維持・確保や環境保全について、以下の取組みを実施しています。

海洋及び沿岸の生態系の回復のための取組みとして「一般社団法人責任あるまぐろ漁業推進機構」等への加入

 SDGs14海の豊かさを守ろう “海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する”  に基づいた健全で生産的な海洋を実現するため、海洋及び沿岸の生態系の回復のための取組みとして「一般社団法人責任あるまぐろ漁業推進機構」等に加入し、マグロ資源を獲りすぎないように世界の大型まぐろはえなわ漁船の隻数の抑制推進に協力することやマグロ資源を保存・管理するための国際ルールを逃れて、操業・乱獲する海賊漁船(IUU違法・無報告・無規制漁船の略称/FOC便宜置籍漁船の略称)の獲った国際取引が禁止されたマグロは決して扱わない等、マグロ類の資源枯渇防止に努めています。

アジア・太平洋地域での農村開発や環境保全活動、日本国内での植林及び森林整備による環境保全活動を展開する「公益財団法人オイスカ」への各種寄付活動

 国際NGOとして本部を日本に置き、主にアジア・太平洋地域で農村開発や環境保全活動を展開する1961年に設立された「公益財団法人オイスカ」、同団体のSDGs達成に向けた、「No one will be left behind ― 誰一人取り残さない」の趣旨に賛同し、同法人の築地推進協議会を通じて、毎年日々世界各地で汗を流している同団体の海外駐在員への慰問品贈呈や、事務所内には寄付型飲料自動販売機を設置して寄付を行っています。
 さらに2019年9月末株主様より開始したポイント制株主優待制度におきまして、商品選択の代わりに同法人への寄附を行うことができるように致しました。当社のオイスカ支援への趣旨にご賛同頂きました株主の皆様から寄せられた温かいご寄付は、世界37か国で行う子供たちの手による森づくり、「子どもの森計画」や東日本大震災で被災した海岸林の再生活動の他、日本国内外における環境保全活動を行うため、活用されています。

当社グループの冷蔵倉庫事業における脱フロン・省電力型冷凍機への転換

 当社グループでは温室効果ガス排出削減に向けて冷凍機の自然冷媒への転換と省エネ機による電力使用量の削減を図っており、グループ会社が保有する冷凍冷蔵倉庫の新設や冷却機の更新に際し、環境省の「脱フロン・低炭素化社会の早期実現のための省エネ型自然冷媒機器導入加速化事業」としての認定を受けています。

水産資源の持続可能性確保に向けての各種認証の取得

 当社は、水産資源の持続可能性確保に向け、水産資源や生態系などの環境にやさしい方法で行われている漁業や養殖業から生産された水産物を取り扱う流通段階での認証であるMEL認証(水産エコラベル)や、水産資源と環境に配慮し適切に管理された「サステナブル(=持続可能)な漁業」で獲られた水産物の流通段階での厳格な取扱管理に適合している事業者認証であるMSC認証(海のエコラベル)を取得しています。

PAGETOP
Copyright © 東都水産株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.