このページの先頭

東都水産株式会社

信頼と実績の半世紀。築地市場の東都水産です。


東都水産株式会社

東都水産ブログ

アーカイブ 2010年 1月


ツナバーガー!?

2010年01月29日

みなさんこんにちは、おかわりありませんか?私は東水管理課のTです。本日も東京は晴天也・・・こうも続くとたまには雨天とか言いたいです。

 

 

昨夜ちょっと遅れましたが我が家にもDVD「This is it」が来ました、これでお家で2009版「ポウ!」し放題。※MJを意識して赤スキニーを履いて劇場に行ったことは誰にも内緒です。

 

 

そんな話はさておき今日の本題。先日有名某ハンバーガー店に食事をしに行ったところ面白い商品がありました。

 
↓ 「ごちそうツナバーガー」だそうです、折角なので注文してみました。

ツナバーガー
焼津港で水揚げされたというキハダマグロをフリッターにしてハンバーグの代わりにはさんであります。ソースの味が2種類あって私は生姜醤油仕立てを選びました。

食べてみるとこれがなかなか良い物でまた食べに行こう!という気になりました。昔から白身魚フライのバーガーはありましたがこのようにマグロのフリッターを使った物はあまり見たことがありません。

 
既にあるもの同士を工夫して人の喜ぶ新しい物を作る・・・これも「需要の創世」、と言うのでしょうか?アイデア良し、食べて良しのゴキゲンなバーガーでした☆

特種課M君のセリのお仕事 後編

2010年01月28日

みなさんこんにちは、東水管理課のTです。本日東京は曇天也、ちょびっと昼に降りましたがまだ空気がカラカラなのでもっと降って欲しいです。

 

 

さて、今日も特種課のルーキーM君の養殖シマアジに続きセリのお仕事についてです。

 

通常この活場扱い品のセリは毎朝5時20分から開始します。
現在のセリ対象品は天然ものだとタコ、イカ、ヒラメ、カレイ他、一方養殖ものはカワハギやクエ他です。

 

それでは早速活場でのセリの様子をご覧下さい。
↓ 11/28に放映された日本テレビ「所さんの目がテン!」で出演した特種課のTさんとM君。

You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 

入荷が多いと、このセリが1時間から2時間にも亘り続きますのでTさんのようにスピーディに進行する必要があります。
その為と、活け場のセリ台が2台ということもあり、10分おきに他の卸売会社で交代することになっています。そばで取材をしていましたが大変慌しい様子でした。
 

 

セリ人は声を大きく且つクリアに発声し続け、入札者のサインも見逃さないようにしなければなりません。

当然、記帳係も正確に記帳しなければなりません、セリ人に比べ目立たないですがとても重要な役目です。

 

↓ セリ記帳をする特種課M君

特種課 養殖シマアジ担当のM君

こういった卸売会社のプロの目利きのセリ人達により日々の水産物の安定かつ適正な流通が初めて実現するのです。

今回取材したM君はセリ人試験にも合格していて晴れて4月からセリ人になります、今後の活躍を期待しています!
 

特種課M君のセリのお仕事 前編

2010年01月25日

みなさんこんにちは、東水管理課のTです。本日東京は晴天なり。

私は先週の疲れがたまってたのか昨日はひねもす寝てました、たまにはいいよね。

 

 

さて、今日は前回養殖シマアジで登場した特種課M君のセリのお仕事について聞いてみました。

※養殖シマアジはセリ対象商品ではありません、念のため。

 

 

今まで当ブログでもカキやウニ、マグロのセリの写真や動画を掲載してきましたが声を出すせり人の横にひたすら何か書いている人がいたかと思います。これはどの商品が誰(どこの業者)にいくらで落札されたかを記帳しているのです。

 

 

まずセリが始まる前(つまり早朝)にはセリ人達(当社営業マン)はセリ帳という書類を作成します (ハイテク機器を使用しています)。

 

そのセリ帳にはセリの対象商品の番号、品名、荷主、目方の順に書かれています。

 

セリ人は壇上でそれらを読み上げて入札者(仲買さん)のサインを確認し、落札業者の名前、落札金額を呼び上げます。
一方、記帳係のM君はセリ人の呼び上げる内容を記帳しているのです(セリ人と記帳係は同じセリ帳を持っています)。業者の名前を書くのは時間がかかりますしセリ対象品が多いので正確性を保つ為に記帳が1人必要なのです。

 

↓ 特種課 活場のセリ風景 左が競るTさん、右手前が記帳をするM君。

特種課 活場のセリ風景 
つまり役割分担です、セリにかける人とその結果を記帳する人と言う具合に。

 
後半へ続く☆

養殖のシマアジについて その3

2010年01月22日

みなさん、お元気ですか?私は管理課のTです。

今日も東京は天気が良かったですがまた寒くなりました。それにしても今週は水曜休市無しなので長い!・・・けど頑張ります。

 

 

さて、今日の本題、養殖シマアジについて、その3。昨日に続いて活場(いけば)のお話。

活場では手のかかる魚種、例えば養殖の鯛、養殖シマアジ、養殖かんぱち、養殖ひらめ、穴子、ふぐ等を管理しています。

 

 

これらの魚種が産地で締めずに活きて市場まで運ばれて来るのには理由があります。

 

なぜならこれらの魚は締めて産地から出荷したのでは市場に到着した時、ましてお客様のところに届く時には魚の身がカチコチになって使いものにならない(食べられない)ので注文後に初めて水槽から出してこの場でしめます。

 

今回取り上げている養殖シマアジもまさにそのケースです。このしめるタイミングが業者、お店の調理に使うのに魚の身の味が時間的にちょうど良いのです(時間を逆算して考える)。
もう一つの理由はお客様の現場での負担の軽減、つまり当社のサービスという点からです。

 
素人的に考えると料亭やお寿司屋さんの水槽から出して目の前で捌いてすぐに膳に出された方が美味しそうですがそれでは味が無く、ただ弾力感のみなのです。魚の流通はそれぞれにそれなりの理由があることが分かります。

 

↓ 特種課 養殖シマアジ担当のM君。このあと、M君がしめます。

特種課 養殖シマアジ担当のM君

 

次はM君のセリのお仕事について☆。

養殖のシマアジについて その2

2010年01月21日

みなさんこんにちは、東水管理課のTです。本日も東京は晴天也。
みなさんはゲーム好きですか?最近小さいゲーム機が流行ってますよね。私もついにPSP(百式色)を購入しました、良く出来てて驚きます、そのおかげで本を読む時間が無くなってしまいました、あぁ、どうしよう〜。

 

 

 

そんな話はさておき今日の本題、養殖シマアジの続きです。
養殖シマアジが管理されているこの活場(いけば)ですがその活場についてちょっと解説します。

 
活場の水槽は海水、またはそれに近い塩水が張ってありご覧のようにポンプで酸素も供給しています。
↓ 養殖シマアジの水槽 画像をクリック

You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 

活場の水槽の水(塩分の濃度)水温管理には特に気をつけなければいけません、なぜなら水の管理を疎かにすると大事な魚が死んでしまうからです。

 

例えば養殖シマアジの場合ですと水温は13〜15℃に保ちます。
当然季節により水温は変わってきますので暑い夏には氷を入れ、また寒くなる冬にはお湯で温めるなどして水温管理を徹底します。

 

 
まだ続く!

養殖のシマアジについて その1

2010年01月20日

みなさんお元気ですか?私は東水管理課のTです。

本日東京は晴天也、大変暖かくなりました、日中はいつもの服装だと汗ばむくらいの陽気でしたがまた金曜から寒波が来るそうなので油断は禁物。

 

 
さて、1月のある朝4時過ぎ・・・ここは築地市場の一角にある活場(いけば)と呼ばれるところ、なんだか物々しいですね。

活場です

 

今日はこの活場にて扱われている養殖のシマアジについて触れたいと思います、扱いは特種課です。

 
シマアジはスズキ目アジ科に分類される魚の一種です。

暖かい海の沿岸部水深200Mまどの海に生息する海水魚です、湾内や汽水域などにもいます。当社に入荷する養殖シマアジは主に愛媛、高知、大分県産です。

 

↓ じゃん、これが養殖のシマアジです。

養殖のシマアジ

ご覧の通り体色は背側が青緑色、腹側が銀白色。体側の中央に走る幅の広い黄色の線が特徴。

 

私は実物を見るまで普通のアジを思い浮かべていたのでまずこのサイズに驚きました。これで1.5kgくらいで養殖シマアジはこのサイズくらいがニーズが高いそうです。

天然物だともっと大きく、最大で1.2M、18kgのもいるとか、私には想像できません。

 

脂が多いのでがっつり食べる、というよりはお刺身の盛り合わせやお寿司に少し使う、というケースが多いです。他には塩焼きや蒸し物で食べます。

 

一般的なアジと違うのは見た目や味だけではありません、シマアジは高級魚なのです

 

 

続く・・・。 
 

 

Tの撮っておき お正月 その2

2010年01月19日

みなさんこんにちは、こちら東水管理課のTです。本日も東京は晴天なり、洗濯物が良く乾く。

 

 

今日も「番外編 Tの撮っておき」その2(お正月)をお届けします、築地を離れた番外編なので気楽にご覧下さい。

 

前回は岩国駅を降りて「島 耕作バス」に乗ったところまでお伝えしました。で、そのバスで向かった目的地なのですが・・・ここです。

 

 

↓ 山口県岩国市の錦川(にしきがわ)に架橋され、名勝にも指定されている「錦帯橋(きんたいきょう)」です。

錦帯橋 昼間

 

きっかけは 去年の末、同僚が錦帯橋の写真が載った某週刊誌を持って来てくれてそれがあまりに素敵なので帰郷した際に行く決心をしました(Kさんありがとう)。

 
5連のアーチからなるこの橋は全長193.3m、幅員5mで継手や仕口といった組木の技術(つまりクギを使わない)によって1673年に造られています。

 

とりあえず歩いてみました。↓画像をクリック!

You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 

錦帯橋が出来る前にも岩国城と城下町をつなぐ橋は架けられていたそうですが、洪水により流出していたそうです。

 

当時3代領主岩国領吉川広嘉が洪水にも耐える橋を造ることに着手して中国、明の抗洲の西湖にある錦帯橋をモデルに建造されたとのことです。

 

現在の橋体に使われている木材は、アカマツ、ヒノキ、ケヤキ、クリ、カシ、ヒバでそれぞれ木材の特性により使い分けられています。

 

 

もう少し続く・・・。

Tの撮っておき お正月 その1

2010年01月18日

みなさんこんにちは、管理課のTです。本日東京は晴天也、だんだん日が長く感じられるようになりました。

 

 

唐突ですが今日は番外編、ということで気分を変えて筆者のお正月休みに撮って来たとっておき(撮って置き)の写真をいつもの記事の進行と平行して数回ご紹介したいと思います。築地市場とはまったく関係無い内容で恐縮ですがどうか気楽にご覧いただけたらと思います。

 

 

さて、私の故郷は本州の西の山口県です。地元にいる間、県内観光をあまりしなかったのと、せっかく遠くまで帰るので、という気持ちもあり地元観光をしてきました。今回の目的地は広島県に近い岩国市です。

 

帰省するや否やすぐにJR山陽本線に1時間ちょっと乗り、岩国駅に着きました。

↓ JR岩国駅、こじんまりして可愛いです。

岩国駅の外観

 

 

到着すると、今回の目的地行きのバスを捜しました。すると・・・「おや?」何だか面白いバスがいますよ。

 

↓ な、なんと 有名人気コミック、「島 耕作」のバスです。

島 耕作のラッピングバス

作者の弘兼憲史氏の故郷が同市、しかも島 耕作も出身地という設定だそうです。それにしても見事なラッピングバスです。

 

 

↓ 外装だけでなく内装も劇中の名シーンや作者のプロフィール紹介等が展示されていました、まさに走る「島 耕作ギャラリー」。

内装

 

続く。

築地市場  マグロの初セリ その5

2010年01月15日

みなさんこんにちは、東水管理課のTです。本日東京は晴天也、週末も晴れそうです。

先日、嬉しいことがありました。愛知県の方から応援のメールを頂いたのです、執筆する者としてとても励みになります、ありがとうございました。

いつも申しておりますが素人の写真&文章で拙い部分も多いとですが築地市場の卸の者(事務員)ならではの視点で、マスコミで見れない築地市場の、水産物の、そして東都水産の面白さが伝わる物を作っていこうと思います、どうかこれからも当ブログを宜しくお願いします。

さてさて、今日の本題、マグロの初セリ特集最終回行きま〜す。

今年の築地市場の生マグロの初セリの動画の続きです。前回と少し撮影位置を変えましたがいかんせん関係者のギャラリーが多くて上手く撮れませんでしたが雰囲気だけでもご覧下さい。↓画像をクリック!

You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

今年の生まぐろの初せりも新聞やニュースで話題になった通り大変高値がつきました。この日(1月5日)当社に入荷したマグロで最高値は1本1500万以上の値がつきました!もう、くらくらしてきます。
動画のセリ人、大物課Nさんに話を聞きました。以下Nさんのメッセージです。


マグロは大変人気がありますが何でも「マグロ」と一括りにするのではなくて、マグロにも色々な種類、キハダマグロ、メバチマグロ、そしてクロマグロ(ホンマグロ)等種類があり、それぞれに特徴、味の違いがあることを知って欲しい。


それからマグロの最高峰はホンマグロですがシーズン、産地、物によってはキハダやメバチもホンマグロに勝るとも劣らないほどのものもあります。


是非みなさんにマグロの見方、奥深さを知ってその美味しさを味わって頂きたい。

とのことでした。
↓ 大物課 マグロのセリ人 Nさん。

大物課 マグロのセリ人 Nさん
私はいつも「マグロだ!ひゃっほう!」となりますがこれからは周りに質問したり考えて食べてみようと思いました、勉強になります。
以上 築地市場の今年のマグロの初せり特集でした!

築地市場  マグロの初セリ その4

2010年01月14日

みなさんこんにちは、東水管理課のTです。

本日東京は天気が良く陽も照っているのですが冷えます。私の部屋も凍てつきそうなくらい寒いので今年こそ電気敷毛布を買おうかと思っています。

 

 

今日の本題。今年の築地のマグロの初セリの続きです。

 

↓ さあ、いよいよ今年の初セリが始まろうとしています、仕入れに来た仲卸業者や売買参加者が集まってきました。  
  
  まぐろ初セリ直前の様子
   
当社に入荷したマグロをどれにいくらで買おうか、と状態を見て見当をつけています、入札する仲卸業者、売買参加者が目を光らせます、この時点ですでに今年の最初の戦いは始まっています。

 

 

いつものように現場で動画を撮ってきました、今年の初せりをご覧下さい。

↓ 大物課のN課長がセリをします、開始の鐘がセリ場に響き渡ります。初荷の旗にもご注目!

You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 

続く。

 

 

 

 

次のページ »

▲ ページトップへ
| 会社概要 | 関連会社 | 取扱商品 | IR情報 | 電子公告 | CSRの考え方 | 採用情報 | 市況情報 | 築地市場カレンダー | アクセス | お問い合わせ |

東都水産株式会社 〒104-8434 東京都中央区築地5-2-1 TEL 03-3541-5665